メニュー



   ボランティア活動 
   身近な地域での福祉活動
   牟岐町社協の会員
 


   職員の募集情報 
   牟岐町社協施設のご案内
   福祉用語辞典
   むぎ社協だより(広報誌)
 
 

会員への特典

会員の皆様には、1年に1回の社協だよりのほかに、社協でのイベント情報や福祉制度についてのお知らせを配布させていただくなど 社協をより知っていただくよう情報提供をいたします。

 

会員の区分

普通会員(会費一口500円) 団体会員(会費一口5,000円)
福祉事業推進ご賛同ご協力いただける方は、会費にご協力をお願いします。

 

社協会員は社協のサポーター

 会員加入とは、地域福祉推進に取り組む社協の運営やサービスの参加・協力を財政面でお願いするものです。

地域福祉を進めていくには、地域に住む皆様のご協力が不可欠です。会員募集は、住民一人ひとりか社会福祉に対して認識を深め、理解していただくとともに活動の財源を確保するために実施しています。集められた会費は、地域に必要な福祉サービスを提供するための貴重な財源になっています。

趣旨をご理解のうえ、格別のご協力を賜りますようお願いいたします。

 

なぜ、会員制度をとっているのか。

牟岐町社会福祉協議会は、地域の皆さまに支えられた民間の福祉団体です。誰もが、尊厳をもって、安心・安全に暮らすことができるまちづくりを目指し、地域の福祉推進に取り組んでいます。

 牟岐町社協は,牟岐町や徳島県社会福祉協議会からの補助金や委託金を大きな財源としていますが、ほかにも共同募金の配分金や介護保険等の在宅福祉サービス事業を実施し、活動財源の確保に努めています。

 地域で暮らす住民のみなさまが主体の民間団体である社協は、事業の自主性を高めるために、特に、社協会費や寄附金等の
自主財源確保が重要
となっています。

 行政の福祉施策とは違った住民主体の地域福祉活動の実施のため、住民のみなさまを対象とした会員制度をとっているのです。