美馬市老人クラブ連合会

団体概要
 
美馬市内に61の単位クラブがあり、60歳から90歳を超える方まで約3600人の会員が「健康・友愛・奉仕」をスローガンに、仲間づくり・健康づくり・生きがいづくりを目的にあらゆる活動に取り組んでいます。

市連合役員は、会長1名、副会長3名、女性部長1名、女性副部長3名、理事10名、監事4名です。

三宅 武夫   (会長)
小野寺郊恵(副会長)
篠原 惟文   (副会長)
中西    勉   (副会長)
藤本 善子   (女性部長)

 

運営

高齢者が生きがいを持ち、健康で安らかな生活を営むため、スポーツなどの企画運営は役員・会員が中心となるよう、自主的な活動を推し進めています。
また、月1回、役員定例会を行い、運営等について協議しています。



 
美馬市身体障害者連合会

団体概要
美馬市身体障害者連合会は、平成17年7月に美馬市内の旧町村身体障害者会の合併により結成されました。
美馬市内に居住する身体障害者福祉の増進を図ることを目的とし、障害者自身が自立し社会参加するため活動を行っています。

 

 

美馬市手をつなぐ育成会

団体概要
美馬市手をつなぐ育成会は、旧4カ所町村の脇町手をつなぐ育成会、脇町手をつなぐ親の会、美馬町手をつなぐ育成会、美馬町ひまわり会、穴吹町手をつなぐ育成会、穴吹手をつなぐ親の会、木屋平村手をつなぐ育成会が合併し、平成17年4月22日設立されました。

旧町村には支部が置かれ、事業は美馬市手をつなぐ育成会で行い、月1回開催しています。
本会は、知的に障がいのある本人及び保護者(正会員)と本会の趣旨に賛同する個人又は 団体(賛助会員)をもって組織されています。
役員は、理事17名の中より会長1名、副会長3名を選任し、監事3名、顧問若干名を加えて役員としています。

●丸石  勇   (会長)
●経塚 和義   (副会長)
●上村 泰一   (副会長)
●古川 省三   (副会長)

運営

正会員は、毎年500円を1口とし、口数を制限せず会費を納め、賛助会員は200円を1口とし、口数を制限せず納めていただき活動費に充てています。

その他、会を運営していくための財源として、市からの補助金があります。

活動につきましては、月1回の役員定例会で、企画し、運営方法を協議しています。


 

お知らせ・報告

当事者団体の支援
一件も該当記事はありません。